耐震方法

リフォーム中

耐震補強の現在について

ここ数年かつてないほどに、一般住宅における耐震補強に関心が高まっています。 それというのも耐震基準は年々厳しく、住宅の耐震性は強化される傾向にある一方で耐震基準の示される以前、特に昭和56年以前の住宅においては耐震性の考慮されていない住宅も多いので、そうした住宅の住民から耐震補強へニーズが高まっています。 現在建築される木造住宅においては、木部どうしの接合部には地震に伴う揺れによって外れたりすることを防ぐために金具を用いて固定する事が行われています。そうした金具は古い住宅においては用いられていないことも多いので、耐震補強工事において接合部に金具を新たに着けることは基礎的な耐震補強の方法です。 また最近ではあまり大規模な工事を行わないような工法も登場しており、工期や費用を抑えられるために人気となっています。

工事における流れと助成金

耐震補強工事を行う場合はどういった流れで行うのでしょうか。ここでは一般的な流れと、助成金についてみていきます。 まず自分の住んでいる住宅の現状における耐震性を知る必要があります。そのためには信頼のおける業者に依頼して、住宅の耐震診断を行う必要があります。 この耐震診断によって、部分的な構造の問題点を明らかにしたうえで、耐震補強工事を行います。 耐震補強工事は年々新たな工法が生み出されており、様々な工法があります。こうした工法を住宅の状況や費用などから適切なものを選んで依頼します。 こうした耐震補強工事においては、自治体によっては工事費用の一部を負担する助成制度があります。 助成費用の上限や、住宅の条件などは自治体ごとに違いますが、多くの自治体で助成制度は存在しているため、耐震補強工事を行う際には自治体に一度確認することをお勧めします。