タイミングを把握する

木造の家

注意すべき点とはどういうことか

原子力発電はこれまでロシアや米国、そして日本と3度の予期せぬ事故を起こして来た経緯があります。その最終廃棄物の処分場の見込みも立たない現在、今後は廃炉の方向へ向うと見られています。 それに替わる発電方法としては今のところ太陽光発電が有力です。ソーラーパネルを屋根上に設置する場合には、やはり新築時に取り付けるのが望ましいとされます。築後何十年も経った状態では工事費に補助金が出るとされていますが、足場も組み上げ、家族の数も変化しており、場合によっては取り壊し時期を迎えたりライフサイクルとズレが生じる可能性もあります。 太陽光発電の設置地域では日照時間の長い地域もあればそうでない地域もあり、屋根面積の大小、向き、年間の予想発電量の積算も行う必要もあります。

知っておくと良い情報とは

太陽光発電ではモジュール変換効率の数字などがカタログに書かれています。面積当たりの光エネルギーをどれぐらいの割合で変換できるかという数字で、これは数値が高いほど効率が良いもので、どのメーカーのものも同じ条件で測定されます。 夏場は温度上昇を伴いますが、これがあまり上昇した場合も変換効率は落ちることになります。表面温度は一応25度という条件に統一されています。 数値と実際では環境も違い一定の数値が出るとも限りません。 太陽光発電モジュールでは多結晶シリコン系と単結晶シリコン系があり、後者は歴史も古く製造コストは高いながら変換効率と発電量が共に前者よりも優れています。 最新のものは金属化合物が使用されたものがあり、発電量に優れ今後主流になるとされています。