耐震方法

リフォーム中

耐震補強を行なう住宅が増えています。それは日本で大きな地震がおきたことが原因と考えられています。この耐震補強は、住宅の接合部に金具を着けることで行なう工事になります。

Read more

電力を上手く活用することによって太陽光発電投資をすることができます。収入を得たいならコチラでシステム導入をしてみましょう。

費用を抑えられる

大きな家を建てる

太陽光発電は現在多くの家庭が設置するようになっています。それは、太陽光発電を設置することで通所の家庭よりも費用を抑えることができるようになっているからです。そのため、太陽光発電の設置を専門業者に依頼しましょう。

Read more

ビルやマンションの大規模修繕を神奈川で行なう時は専門のココの業者がオススメですよ。創業45年以上の実績と信頼が有ります。

地震対策

家を建てる

フェンスをとりつけることで、建物などの安全性を保つことが出来ます。取り付けを検討しているのでしたら、相談しましょう。

時代によって耐震の考え方と技術が違う

東日本大震災以来、地震が頻発しています。これは単に地震が増えたというよりも、人々が地震に対して警戒心が強くなったということかもしれません。 それにより、単に非常食を用意するだけでなく、住宅の耐震補強を行う人も増えてきています。 耐震補強とは、住宅の耐震性を高めることですが、これにより、大きな地震が来ても倒壊だけは逃れることができます。1995年に起きた阪神大震災で倒壊した住宅の9割は旧耐震構造の住宅でした。旧耐震構造の住宅とは1981年6月の建築基準法改正の前に作られた住宅のことです。 この法律の改正前と改正後では耐震の考え方が大きく異なっているため、現在耐震補強をしけければならないのは、旧耐震構造の住宅なのです。

耐震補強の種類について

阪神淡路大震災では、倒壊した9割の住宅が1981年6月より前に建てられた旧耐震構造の住宅だったのです。 現在でも旧耐震構造の住宅はまだたくさん残されており、旧耐震構造の住宅こそが耐震補強をしなければならない住宅と言えます。 さて、耐震補強の種類ですが、一番簡単な耐震補強の一つに壁を耐力壁にして地震の揺れに耐えられるようにする補強方法があります。 また、柱と柱を結合している部分を金具で強化し、いざ大きな揺れが来て柱がすっぽ抜けて住宅が倒壊しないようにするためです。 また、基礎と建物の間にを固定する方法があります。これにより、基礎と建物が結合して地震に強い住宅になるのです。 耐震補強の価格の平均は120万円と言われています。

タイミングを把握する

木造の家

太陽光発電を住宅に設置する時は、新築で手に入れた時がいいでしょう。その方が太陽光発電を設置する時に補助金のような出費を多くすることを避けることが可能となるからです。

Read more

外壁など【綺麗にすることで、企業のイメージアップにも繋がります!改修工事は埼玉の会社に依頼をして利用しましょう。